おかみねっとについて サイトマップ お問い合わせ
おかみねっと
総合ホーム 今月の女将 おかみ名鑑 お勧め旅館 特選の品 おかみの声 掲示版 リンク集
小松民枝さん
神奈川県湯河原温泉 石葉

「宿も、自分も、従業員も成長させてもらえて。旅館をやって本当によかった」。創業から40年を振り返り、小松民枝さんはしみじみと言う。

丘の上から湯河原を望む「石葉」は、民枝さんが独身時代に始めた宿だ。「長らく介護してきた母が亡くなり、これから何で生きていこうかと考えました。料理は好きですし、幸い土地もある。それなら旅館でもやろうかと。29歳のときでした」。

東京オリンピック景気に沸く1964年。湯河原駅前には周辺旅館の番頭がずらりと並び、呼び込みに力を入れていたが、料理から経理までこなす民枝さんに余力はなく、顧客が来るのを信じて待つ日々が続いた。 「当時は3室で細々と」営んでいたが、ひと月滞留する顧客がいれば毎日毎日違う料理を作るなど、民枝さんは心を込めてもてなした。その評判が広まり、部屋は連日埋まり始める。以後、4時間睡眠が30年続いた。顧客の紹介で結婚し、1人息子の秀彦さんを生んだときも休みは1週間だ。

自分の宿とはいえ、何がそれほどまでに民枝さんを突き動かしていたのだろう。
「お馴染みさんが来てくださるということ。それだけです。自分に何があっても、お客さまには関係のないことです。昔、母が“努力さえすれば、時間をかければ必ず目的に辿り着ける"と聞かせてくれた一言も支えになりました」

16年前、秀彦さんが20歳で板長となり、経営権も譲った。平成元年からは新しい社長を迎え、2代目経営者として活躍している。2代目になってから石葉は、庶民的な宿からセンスある高級旅館へと変貌を遂げた。が、多くの常連客は喜んでついてきてくれた。

「高齢でご来館いただけないお客さまが、『テレビで見て嬉しかったよ』とお電話をくださったり、お子さんやお孫さんが来てくださる時代になりました」

民枝さんは、顧客の家系図が頭の中に入っているという。直筆の手紙を書き、いまでもときどきは季節の品を手土産としてそっと渡す。そんな気配りと温かさが、顧客との結び付きを強くしているのだろう。

「商売は人の喜ぶことをやってこそ。いつでも、誰にでも同じ態度で。ゆがんだ笑顔ではなく、素直な同じ笑顔を向けられるようでありたいですね」。 

40年前に名付けた「石葉」という名には、変わらぬ思いで末永く続く宿に、との願いが込められている。その願いはこれからも変わらない。

※旅行新聞「女将のこえ」より抜粋


到着時のお茶として出している「あした葉茶」(2000円)、5日間かけて板長がつくる「鰯の山椒煮」(1300円)などが人気。取り寄せを依頼する顧客も多い。
住所 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上749
電話 0465(62)3808
客室数 9室(収容人数30人)
創業 1964年
http://www.sekiyou.com
 
COPYRIGHT c 2005 旅行新聞新社 All Rights Reserved