おかみねっとについて サイトマップ お問い合わせ
おかみねっと
総合ホーム 今月の女将 おかみ名鑑 お勧め旅館 特選の品 おかみの声 掲示版 リンク集
企画特集「我が家の館名由来」 ホテル森の風 鶯宿(岩手県 鶯宿温泉) 鶯湯治伝説残る名湯 宮沢賢治作品の世界演出
森の巨木と滴をイメージしたロビー
森の巨木と滴をイメージしたロビー

岩手山を望む空中露天風呂
岩手山を望む空中露天風呂
 ホテル森の風鶯宿(おうしゅく)のある岩手県・鶯宿温泉は、開湯450余年の歴史を誇る名湯。湯量が豊富で、鶯(うぐいす)が傷ついた足を湯にひたして治しているところを発見したという伝説が温泉名になった。江戸時代には南部藩主の湯治場となり、明治時代その効能が評判を呼び一般の人々にも広く知られにぎわうようになった。

 この伝統ある温泉地を代表する「ホテル森の風鶯宿」は、近代的な設備を備えながらも、随所で自然を感じさせる造りになっている。なかでも吹き抜けのロビーラウンジは開放的で、巨木をイメージした太い柱や、滴をモチーフにした川や滝など、「森の風」を感じさせてくれる場所だ。

 森や自然、生命を作品テーマにした郷土の童話作家「宮沢賢治」の世界も館内で紹介している。ギャラリーやロビーラウンジの階段には、「銀河鉄道の夜」や「セロ弾きのゴーシュ」の一場面を展示。今にも語りかけて来そうな人形たちが、来館者をやさしく迎える。

 温泉は和風・洋風の2つの対照的なスタイルの温泉大浴場が自慢。露天風呂から望む岩手山の眺めは見事だ。「お祭り広場」では太鼓や餅つき、民謡ショーが連日開かれ、にぎわいをみせている。

 このほか、プールや日帰り温泉、レストランなど1日中遊べる「けんじワールド」(ゴールデンウイーク、夏季営業)へも連絡路で直結しているので、気軽にリゾート気分を味わえる。

 問い合わせ=電話:019(695)3333。
COPYRIGHT c 2005 旅行新聞新社 All Rights Reserved